書道・ペン習字・実用毛筆・かな書道の教室 東京書芸協会

トップ東京書芸協会について競書誌(実り)について行事出版物
トップ出版物 › 論語のこころ
東京書芸協会の出版物
論語のこころ
書いて知る
論語のこころ
川原世雲 著 ワニマガジン社

筆でなぞり書きしながら、孔子の英知に触れよう!
この本には「論語」のエッセンスが詰まっています。

字の練習として
大きい文字で読みやすく、なぞりやすい。
文字をより美しく書くポイントを、詳しく解説。
楷書も行書もできる!

「論語」の学習として
原文、書き下し文、訳、語句解説、各文の時代背景など、充実の内容。

人生の指針として
「仕事に悩んだら」などの各章に合わせて「論語」から文章を選び、構成されています。
読むだけでもためになる本です。

定価1296円(税込) 書店又は事務局にてどうぞ。

論語のこころ
論語のこころ
【目次】
第一章
よい人生とは(楷書)
大切なのは自分らしくあること(顔淵第十二-十一)/理想を持つことで人生は変わる(公治長第五-二十六)/年を重ねるごとに人生は楽しくなる(為政第ニ-四)…他(全十四編)
第ニ章
家族を愛する(楷書)
できが悪くてもわが子はわが子(先進第十一-七)/親にも礼儀を払うべき(為政第ニ-五)/敬う気持ちがなければ親孝行にはならない(為政第ニ-七)…他(全十編)
第三章
仕事に悩んだら(楷書)
成功した人だけを見ていれば出世できる(為政第ニ-十八)/よい上司と悪い上司(子路第十三-二十五)/上司にしてはならない三つのこと(季氏第十六-六)…他(全十六編)
第四章
お金や欲との付き合い方(楷書)
お金に心を売るな(里仁第四-五)/富を得た者より、貧しい者を助ける(雍也第六-三)/年を重ねるごとに気をつけること(季氏第十六-七)…他(全十ニ編)
第五章
前向きに歩むために(行書)
過ぎたことは気にしない(八いつ第三-二十一)/不正を憎む力を自分の正義を貫く力に(里仁第四-六)/事を起こす前に自分を見限るな(雍也第六-十)…他(全十四編)
Copyright © Tokyoshogeikyokai All Rights Reserved.
お問い合わせ・資料請求はこちらお手本(毎月更新) 各教室のご案内各コースのご案内 通信部について 学生部について 体験稽古について 会長ブログ 事務局長ブログ ゼブラ株式会社

お問い合わせ
東京書芸協会本部事務局
TEL:042-345-6889
FAX:042-341-9768
info@shogei.jp

ページトップへ