書道・ペン習字・実用毛筆・かな書道の教室 東京書芸協会

トップ東京書芸協会について競書誌(実り)について行事出版物
トップ › 通信部について
通信部について
気休めの通信教育とは違います。
本格的な書道・ペン習字・実用毛筆・かな書道の通信教育。
「本当に」字が上手くなりたい人に。

月単位の反復学習でうまくなる。

通学部と課題は同じ。通学部で認定しているのと同じ資格もとれる。

自分の書きたい字がかけるようになるまで、好きな期間だけ続けられる。

習いたいが近くに教室がない、通う時間がない…などという場合は通信部をご利用ください。
東京書芸協会の通信部は、会の創設以来の歴史を誇り、長く継続する人の多い人気のコースです。
忙しい方もマイペースで学べます。
期間は1年間(継続可)、添削回数12回(月1回)です。

月単位の学習

通学部生と同じ「実り」の課題を学習。
課題は毎月1日までに生徒のもとへ郵送されます。
月単位なので学習計画がたてやすいです。
実力があがると課題も少しずつ難しくなります。(課題の例はお手本をごらんください。)

反復学習

毎月の課題を提出し、添削が返ってきました。
でも、それで終わりではありません。
生徒は返却された作品を見て、注意された点に気をつけながら、同じ課題をまた練習します。
月末に1枚を清書(せいしょ)として再提出します。
清書で「級」が認定されますので、やる気が湧きます。
知らず知らずのうちに実力がついてゆきます。

担任制

添削担当の先生はいつも同じ先生です。指導が一貫しています。

返送期間が短い

添削が返ってくるのは、約一週間後。練習の緊張感がまだ続いています。

添削券制

忙しい月は添削をお休みしてもOK。
添削券制なので無駄がありません。受講期間の延長はありませんが、継続の申込みをすると以前の添削券をそのまま使えます。
逆に月2回以上添削をうけたい人は添削券の追加購入が可能です。

スクーリング有り

先生から実際に直接指導を受けられるスクーリング(春秋年2回・申込別途)を行っています。

添削例
画像をクリックすると
拡大写真が見られます
添削例:書道
  書道
画像を拡大
ペン習字
画像を拡大
実用毛筆
画像を拡大

費用

開講科目:ペン習字・実用毛筆・書道・かな書道
期間:一年間(継続可)添削毎月1回×12回

一般コース(高校生以上)

ペン習字部門、実用毛筆部門、書道部門、かな書道部門より選択(複数可)

一部門受講 32,400円
二部門受講 54,000円
三部門受講 75,600円
四部門受講 97,200円
期間一年間(継続可)添削毎月1回×12回

学生コース(幼年〜中学生)

書道と硬筆(またはどちらか選択) 27,000円
期間一年間(継続可)添削毎月1回×12回

お問い合わせはこちらから

東京書芸協会小平本部 通信部事務局

TEL:042-345-6889 FAX:042-341-9768 E-mail:info@shogei.jp
(右上の資料請求フォームもご利用いただけます。)

Copyright © Tokyoshogeikyokai All Rights Reserved.
お問い合わせ・資料請求はこちらお手本(毎月更新) 各教室のご案内各コースのご案内 通信部について 学生部について 体験稽古について 会長ブログ 事務局長ブログ ゼブラ株式会社

お問い合わせ
東京書芸協会本部事務局
TEL:042-345-6889
FAX:042-341-9768
info@shogei.jp

ページトップへ